デザインオフィス

日本の企業の90%以上の中小企業のうち、75%が従業者30名未満の小規模事業者(総務省企業統計調べ)が占めていますが、それら企業をターゲットとする小規模ビルでは、市況経済にダイレクトに影響を受けやすく、空室や入居期間の短さ等から、経営が安定しません。
当社では、立地特性と対象テナントに見合うリノベーション(付加価値改修工事)実施、入居する起業家に必要なビジネス支援サービスを付加、独自の契約システムにより、早期に、しかもプレミアを付した賃料でテナントを確保します。
リノベーション前
before
リノベーション前
before

■リノベーション前
築30年以上経過した古ビルで、設備も取り払われ、ほぼスケルトンの状態であり、現状では、坪当たり10,000円程度の賃貸収入が限界の状態だった。
■ビル再生の計画概要
既存建物の風合いを残し、日本の既存建物にないエッセンスを加えて、欧風の歴史的建造物をモチーフにした「異風時間再生」をコンセプトとした。

矢印
矢印
リノベーション後
after
リノベーション後
after

■リノベーション後
強固な躯体と残されたイメージを活かし、古く懐かしい欧風建物の様な、時間まで遡り甦らせるリノベーションの実施で坪20,000円の賃料を確保。
■リノベーション概要
外装、ルーバー装飾、オリジナル格子SD製作、各階トイレ及びキッチン設置、他フルリノベーション。
延床:約50坪、リノベーションコスト:坪27万円

デザインオフィス転用のプロセスProcess

事業の詳細についてDetail

  • 物件の規模

    ワンフロアが10坪〜30坪程度の狭小・小規模ビル(1戸〜1棟まで可)を対象としています。

  • 再投資費用(リノベーション費用)

    物件の状態により異なりますが、坪5万〜10万円程度が目安となります。

  • 投資利回り

    事業により生み出される付加価値収入(想定賃料以上の収入)と再投資費用に対する利回りは、概ね30%程度を目論みます。

  • 契約

    収入をダイレクトに反映させる業務委託契約と、安定した収入をお約束する収益分配型サブリースの2種類をご用意しています。


デザインオフィス事業、小規模ビルのオフィス転用に関するお問合わせ・ご相談はこちらからお気軽にお問合わせ下さい